世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

パミール高原

添乗員現地最新レポート 中央アジア・ワハン回廊編㉕


アクバイタル峠を越えて2時間ほどで紺碧のカラクル湖が見えてきます。

カラクル湖畔2

カラクル湖は、タジキスタンのパミール高原にある直径約25kmの湖です。500万年前の隕石の衝突によるクレーターの中にあります。遠方に見えるレーニン峰は、タジキスタンとキルギス両共和国の国境を形成するザアライスキー山脈の東部にある山で、この山脈の最高峰を成しています。

カラクル湖畔で昼食をとり、食後に湖まで歩きました。

カラクル湖畔 村 井戸

カラクル湖畔 村 子ども

カラクル湖畔

その湖面は時間帯により光の射し加減で色を変えていきます。雪山から降り下りてくる風は冷たく、肌を刺すように吹いていて、波打ち際で音を立てて波を舞い上げています。

カラクル湖畔3

カラクル湖畔4

また、近くにはカラアート遺跡と呼ばれる古代遊牧民サカ族の墓地とされる場所があります。地上というキャンパスの上に整然と石が並ぶ姿は、ナスカの地上絵を彷彿とさせますが、どうやら絵にはなっていないようです。

カラアート遺跡

いよいよ国境を越え、キルギスに入国します!

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート 中央アジア・ワハン回廊編⑳


次なる目的地は、タジキスタンの中央東部、ゴルノ・バダフシャン自治州にあるパミール高原の小さな町ムルガブです。ランガールからムルガブ間はおおよそ250km。ここまで標高2,300~2,600mの地帯をアフガニスタン国境に沿って東に進んできましたが、ここからは北東に向かって標高3,500~4,300mのパミール高原に入って行きます。

途中景色

まず、パミール高原を東西に走るパミール・ハイウェイに入る手前でハルゴシュ峠(標高4,130m)を越えます。

ハルゴシュ峠

特に石碑や看板があるわけではないので、腕時計に付いている標高測定器だけが頼りです。峠を越えてすぐ、高山湖が姿を現わしました。名もない湖ではありましたが、真っ青な空と山並みを映し出した美しい湖面と、静寂なひと時を満喫することができました。

パミール・ハイウェイまでの道のりは砂利道で、他の車とすれ違うこともほとんどなく、時おり、道路いっぱいに広がる家畜の大群に行く手を阻まれました。牛や山ヤギを先頭に最後は人と犬が付いています。

ヤギ群れ

ヤギ群れ2

ヤギ群れ3

途中、村や家、人を見かけることはなかったので、彼らはどこまで行くのだろうと不思議な思いでした。

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ