世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

ヒマーチャル・プラデーシュ州

添乗員現地最新レポート インド/ヒマーチャル・プラデーシュ州編⑪



最後の訪問地となったアムリッツァルでは、シク教の総本山でハリマンディル・サーヒブ(黄金寺院)を訪ねました。そこは、シク教徒にとっては最も尊い巡礼地。1574年に建築が開始され、完成したのは1604年のことです。

黄金寺院は、人工池の中央に浮かぶように建っており、池と一体化した景観が特徴です。この池は不死の池と呼ばれ、多くの巡礼者が沐浴を行っています。時計塔、博物館、休憩所、宿坊、無料の食事が振舞われる食堂もあります。

寺院

寺院参拝に並ぶ人

足を清める信者

沐浴する人

夜 寺院入口

夜 寺院

夜 寺院2

夜 寺院3

夜 寺院4

特に目をひいたのは一度に5000人は食事ができるという食堂です。床に整列して座ると、1枚ずつ渡されたプレートに薄焼きのチャパティや豆カレーなどが配られます。この食堂では300人あまりの人が無償で働いていて、全て手仕事で手際よく調理や後片付けの作業をしています。1日に必要な食材や燃料の量は、小麦粉2300kg、豆830kg、米644kg、茶葉50kg、砂糖360kg、牛乳322ℓ、まき5t。この食材や燃料などは全て寄付で賄われています。

キッチン

チャパティ作る人

チャパティ作る人2

チャパティ焼く人

皿を配る

食事をする人

食事をする人2

食事をする人3

食堂内

食堂入口に群がる人

洗い場

野菜を切る人

野菜を切る人2

昨年9月に公開された映画「聖者たちの食卓」はその様子が描かれたドキュメンタリー映画で、おすすめです。

(おわり)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート インド/ヒマーチャル・プラデーシュ州編⑩



ダラムサラにあるノルブリンカ芸術文化研究所は1990年に設立され、チベット文化および伝統工芸の保持・継承を目的に設立されました。チベットの伝統的な建築と千手観音のプロポーションを元に造られた緑豊かな美しい庭園は、日本人の建築家、中原一博氏の手によるものです。

ノルブリカ内寺院

庭園

中ではチベット伝統工芸の職人たちが、タンカ、木彫り作品、彫像等を作っています。
どれも、手がこんだ美しい作品ばかりです。チベット仏教の神々やマンダラを緻密に描き出す仏教画など、非常に細い筆で繊細に描きこんでいきます。

がくの製作

仏像つくり

木彫り作業

曼荼羅製作

チベット芸術や文化に触れられる素晴らしい所です。

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート インド/ヒマーチャル・プラデーシュ州編⑨



11日目、終日ダラムサラの観光へ。
ダラムサラは、1950年代末にダライ・ラマ14世が多くの同胞とともにチベットから亡命して以来、チベットの亡命政府が置かれています。

ダラムサラ

ダラムサラ バザール

もともとイギリス植民地時代につくられた避暑地でしたが、1905年のヒマラヤ大地震で被害に遭い、うち捨てられた町になっていました。そこにダライ・ラマが入り、当時のネルー首相とダライ・ラマの間で取り決めが交わされました。

まず、訪ねたナムギャル僧院は、ダライ・ラマ14世公邸の目の前にあるチベット仏教ゲルク派の総本山です。釈迦牟尼像と手前には、ダライ・ラマ14世の玉座があります。入口でセキュリティーチェックを受けて中に入ると修行僧や五体投地をする信者を目にします。

ナムギャル 入口

ナムギャル内

ナムギャル内2

ナムギャル内3

ナムギャル内4

ダライ・ラマ14世の邸宅前から写真を1枚撮りました。

ダライラマ邸宅

併設する事務所を訪ねるとダライ・ラマ14世は1週間の瞑想に入っておられるとか・・・。普段、多忙極りない生活には瞑想は不可欠に違いないことでしょう。

後日紹介するノルブリンカ芸術文化研究所の近くにあるディプ・セ・チョ・リンゴナ寺院とギュート・タントリック寺院もあわせて紹介します。

ギュート・タントリック寺院

ディプ・セ・チョ・リンゴナ寺院

ディプ・セ・チョ・リンゴナ寺院2

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート インド/ヒマーチャル・プラデーシュ州編⑧



10日目、午前中はマナリの観光でオールド・マナリの散策とハディンバ寺院を訪ねました。マナリはクル渓谷の奥に位置しており、標高2,050mの避暑地としてインド人にも人気があります。北のラダック,西のスピティ渓谷への玄関口となっており、訪れる旅行者も多いです。

ハディンバ寺院は、ヒマラヤ杉の森に囲まれた木造寺院で、別名ドゥーングリ寺院とも呼ばれています。ハディンバ女神は、昔この地方の独立を果たすためにクルの王様を助けたと伝えられており、その故事からこの地方の守護神として崇められています。 踊り子やヒンドゥー教の神々の彫刻で飾られた4層の寺院の中には、ハディンバがその下で瞑想したと言われている岩盤があり、巡礼者たちが次々と参拝に来ていました(内部は写真撮影禁止)。寺院の外壁には生贄のヤギの血がついており、大きなアイベックスの頭蓋骨も飾られています。

ハディンバ寺院

寺院外で祈祷師の話を聞く人

寺院外観

そこから、100m程先に進むとガトスカシといわれるハディンバの息子を祀った木があります。インドの叙事詩『マハーバーラタ』に主役として語られている5人の兄弟の一人とされているそうです。

ガトスカチ

マナリの観光を終えて、私たちダラムサラに向かいました。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート インド/ヒマーチャル・プラデーシュ州編⑦



9日目、カザからマナリへ向かいました。
途中、ハンセやロサールの村を通り、ラチュウをロータン峠に方面へ進みます。ラチュウは分岐点になり、そこを北上するとラダックのレーにつながります(一部工事中)。途中の峠では標高4,000mを越え、迫るような山々と氷河を見る機会にも恵まれた。ただ、この日の移動はロータン峠付近まで今までで一番の悪路だったのを覚えています。

雪解け水が川のように道路を流れるため、早朝ホテルを出ましたが、それでも車を降りて徒歩で道路脇を進む場面がありました。ドライバーいわく、川のようになった道路の水量よりも、水が濁っているため水面下にころがる大きな石の塊の具合がわからなく、走行が難しいようです。

昼過ぎロータン峠に到着。この時期、ロータン峠には愛くるしい高山植物が沢山咲いていました。花に囲まれながらのお弁当もよかったです。また、運よくブルーポピーが見ることができました。

クンザン・ラ峠付近

クンザン・ラ峠付近2

ハンセ周辺

ハンセ周辺2

ハンセ周辺3

ハンセ町近郊

ブルーポピー

ブルーポピー2

ロータン峠

ロータン峠2

ロータン峠3

ロータン峠4

ロータン峠5

ロータン峠6

途中景色

氷河

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ