世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

ビジャマール

添乗員現地最新レポート アルゼンチン、チリ、ボリビア編㉑


ビジャマールの村を出発し、ウユニ塩湖へ向かう道中では奇岩の数々を見ることができます。長年の風雨による風化が作り出した自然美をご紹介します!

P1260582

P1260584

P1260587

P1260621

P1270622

P1270627

P1270629

P1270630

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート アルゼンチン、チリ、ボリビア編⑳


ボリビアに入国して、1泊目はビジャマールという小さな村に泊まりました。標高4,000mを越えており、今回の旅の中で、宿泊地としては最高所となります。

この村は周囲を山と奇岩に囲まれており、町の中心に小川が流れています。その水は人々の生活用水となり、ときおり洗濯をする親子の姿も見かけました。また、山肌に十字架が何本も建てられているのを見るとキリスト教の信仰の篤さを伺い知ることができます。小学校の校庭で自転車に乗って遊んでいた子供達を見かけたのでちょっと交流しました。

P1260561

P1260562

P1260563

P1260565

P1260566

P1260567

P1260570

P1260571

P1260572

P1260574

P1260576

P1260577

P1260580

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート アルゼンチン・チリ・ボリビア編⑰


ビジャマールの町から数km程北に行ったところに、ロック・バレーと呼ばれる場所があります。長年の風化によりできた奇岩が60km程にわたり点在しています。それら奇岩群は見る角度や日の当たり方により、さまざま姿を現します。

P1260105

P1260110

P1260116

P1260118

P1260120

P1260122

P1260123

P1260124

P1260126

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート アルゼンチン・チリ・ボリビア編⑯


ボリビアに入国し、最初の宿泊地はビジャマールです。
ビジャマールまでの見どころには前述したベルデ湖、ブランカ湖、ボルケス湖、ダリ砂漠のほか、マニャーナ間欠泉やコロラダ湖があります。

マニャーナ間欠泉も先に訪れたタティオ間欠泉と同じく4,000m以上の高地にあり、目の前で迫力ある水蒸気の噴煙や地下で沸騰する水音を感じることができます。日本の間欠泉だったら、安全上柵などが設置されるでしょうが、ここではありません。

間欠泉

間欠泉1

間欠泉2

間欠泉3

標高4,200mのコロラダ湖では、あいにく雨模様でしたが、沢山のフラミンゴを見ることが出来ました。

コロラダ湖

コロラダ湖2

なにより、ビジャマールまでの道のりで見る景色が素晴らしいので、あわせて写真をお届けします。

リャマ

風景

風景2

風景3

風景4

風景5

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ