世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

ブハラ・ハン国

添乗員現地最新レポート ウズベキスタン編⑨


サマルカンドの近郊にバハウッディン廟はあります。バハウッディン・ナクシュバンドは、14世紀にイスラーム神秘主義ナクシュバンディ教団の開祖です。そこは中央アジアの人々にとってはメッカに次ぐ聖地とされ、多くの巡礼者が訪れます。敷地内にはモスク(金曜日のみオープン)、池、バハウッディンの墓石があります。

バハウッディン

バハウッディン2

バハウッディン3

バハウッディン4

バハウッディン5

バハウッディン6

バハウッディン7

バハウッディン8

また、「願いの木」と呼ばれる桑の古木には、人々が幸せを祈って集まります。

バハウッディン9

バハウッディン10

バハウッディン11

スィトライ・マイ・ホサ宮殿は、ブハラ・ハンの夏の宮殿です。1911年、ブハラ・ハン国最後のアリム・ハンの指示により完成しました。外観は西洋風、内観は東洋風に造られており、宮殿内の謁見の間や応接室が見学できます。西洋の調度品の他、中国や日本の陶器なども飾られています。

夏の宮殿

夏の宮殿2

P9140391

P9140379

P9140381

P9140382

P9140384

P9140385

P9140386

P9140387

P9140388

P9140389

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート ウズベキスタン編⑤


次の訪問地ブハラは、古代から東西南北交通の要衝の中心都市であり、イスラーム時代以降、とくにサーマーン朝の首都となってからは、イランや中央アジアにおける最も重要な都市として知られています。
20世紀の初頭まではブハラ・ハン国の首都が置かれ、西トルキスタンにおける政治・文化の中心都市でもありました。

ブハラは新市街と旧市街とに大きく分かれており、遺跡などの主な見どころは旧市街にあります。私たちは旧市街の中心ラビハウズ(オアシスの池)の近くのホテルに泊まり、終日徒歩で観光しました。今日はタキと呼ばれる大通りの交差点を丸屋根で覆ったバザールを紹介します。
旧市街には3つのタキがあります。16世紀当初のタキは専門店的な要素が強く、宝石類や両替所などあり人々が集まっていましたが、今は土産屋が並んでいます。

P9130262

P9130269

P9130276

P9130278

P9130280

P9130281

P9130286

P9130285

P9140351

P9140352

ブハラで有名なコウノトリをモチーフにした手作りのはさみはタキで売られています。その他、香辛料や木細工、絨毯、刺繍の施された布などタキに行けば色々なものがそろいます。野外で宝石や絨毯を売る地元のオープン・バザールとあわせて紹介します。

P9130270

P9130271

オープン・バザール

オープン・バザール2

オープン・バザール3

オープン・バザール4

オープン・バザール5

オープン・バザール6

オープン・バザール7

オープン・バザール8

土産品

土産品2

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ