世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

ブランカ湖

添乗員現地最新レポート アルゼンチン、チリ、ボリビア編⑬


陸路、チリからボリビアへ。
Hito Cajón(標高4,100m)の国境を越えて、しばらくするとブランカ湖が姿を現します。標高4,350m、名前のとおり静かに佇む白い(ブランカとは、スペイン語で「白い」の意)湖(水中に含む多くのミネラルを含むため)に色鮮やかなフラミンゴが溶け込んでいます。

私たちが国境を越えてから初めて目にしたボリビア側の景色です。この後、ウユニ塩湖までボリビア南部のアルティプラーノの壮大の景色が待っていました!

P1250470

P1250472

P1250473

P1250474

P1250475

P1250477

P1250478

P1250480

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート アルゼンチン・チリ・ボリビア編⑭


陸路、チリからボリビアへ入国。
朝、サン・ペドロ・デ・アタカマの町の出国審査場で出国手続きを済ませ、標高4,000m近いボリビアとの国境に向かいました。そして国境ではボリビア側の入国手続きをします。ここからは未舗装の道路を行くのでバスから4WDに乗換えます。

国境を越えて、まず目にするのがブランカ湖とベルデ湖です。リカンカブール山(5,800m)の麓にあり、エメラルド色の湖は日の光により濃淡が変わります。ベルデ湖の色は銅鉱物を含む沈殿物によるところが大きいようです。

標高4,300m、2つの湖は神秘的な美しさです。あわせて、国境と車窓からの景色をご紹介します。

ブランカ

ブランカ1

ブランカ3

ベルデ

ベルデ1

ベルデ2

国境

国境2

車窓

車窓2

車窓3

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ