世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

ブルンジ

添乗員現地最新レポート ウガンダ・ルワンダ・ブルンジ編⑧


ブルンジの入国にはビザの取得が必要です。国境で、1人40米ドルを支払えばその場ですぐに取得できます。写真を提出する必要はありません。

ブルンジは、中部アフリカの内陸部に位置しており、ルワンダ、コンゴ民主共和国、タンザニアと国境を接しています。1918年、隣国ルワンダとともに「ルアンダ・ウルンディ」としてベルギー領になり、1962年にムワミ国王を元首とするブルンジ第2王国として、ベルギーから独立しました。多数派のフツと少数派のツチの間で対立があり、独立以降、度々衝突して1993年~2005年には内戦にまで発展しました。長い内戦と経済制裁によって経済は壊滅状態に陥っており、アフリカの中でも経済開発に遅れをとっている国の1つです。

首都ブジュンブラは、タンガニーカ湖北東に位置しています。

ブジュンブラ

ブジュンブラ2

湖は最大深度1,470mで、アフリカで1位、世界ではバイカル湖に次いで2位となっています。アフリカの大地溝帯グレート・リフト・バレーによって形成され、地溝帯内にある最大の湖です。

タンガニーカ湖

タンガニーカ湖2

また、タンザニアと今後の間をフェリーで繋ぐ貴重な交通路となっており、同様に南端のザンビアとブジュンブラをつなぐフェリーも人々の足として活躍しています。

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート ウガンダ・ルワンダ・ブルンジ編①


今年第2回目のイラン編に続いて、今週からウガンダ・ルワンダ・ブルンジの添乗員現地最新レポートの始まりです。
東アフリカに位置するこれら3か国を訪ねるツアーは、日本でも少ないと思います。特にブルンジまで行くのは、ごくごく僅かではないでしょうか?

西アフリカ一帯で深刻な事態となっているエボラ出血熱の影響もあり、アフリカ全体への観光客が今、減っています。実際、ウガンダやルワンダの旅行会社でも、観光への影響に頭を悩ませていました。

私たちはカタール航空を利用し、ドーハで乗り継ぎ、ウガンダのエンテベへ向かいました。今回訪問する3か国すべての国でビザの取得が必要となりますが、今回は今年新設された東アフリカビザ「EAST AFRICA VISA」を予め日本で取得しました。

東アフリカ観光ビザ

これは、ウガンダ、ルワンダ、ケニアの3か国へ1つのビザで渡航できるというビザです。このビザの誕生によって、ウガンダとルワンダのビザを別々に取得するより費用はもちろん、手間もかからないのでお勧めです。

到着後、エンテベから首都カンパラを通り、ウガンダ東部のジンジャへ向かいました。ジンジャではケニア、ウガンダ、タンザニアに囲まれたアフリカ最大のビクトリア湖のクルーズを体験。このクルーズでは、ナイル河の源流の一つ白ナイルの源流を見ることができ、夕方や早朝であれば様々な種類の鳥類を観察することができます。

クルーズ トカゲ

クルーズ

ナイル源流 湧き出る水

ナイル源流サインボード

ナイル源流サインボード2

鳥類

早朝、滞在したキングフィッシャー・ロッジから湖に映る朝焼けがとても美しかったのでご紹介します。

キングフィッシャーロッジ

早朝のビクトリア湖

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ