世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

ベトナム

何もかもが巨大で不思議な…スイティエン公園(ベトナム/ホーチミン近郊)



ディズニーランドを筆頭に、世界中には数多くのテーマパークがありますが、中には不思議で奇抜なテーマパークも散在しています。
今日ご紹介するベトナムのテーマパークもそんな奇抜なテーマパークの一つです。

ホーチミンから車で約1時間ほどのところに位置する『スイティエン公園』は、実は、2011年11月、世界各地の観光情報をランキング形式で紹介するウェブサイト「The Travelers Zone」の特集「世界で最も有名なテーマパーク12選」の中で12位に選ばれたことがあるほどのテーマパークなのです。

Suoi_Tien_01

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーを合わせた面積よりも広い105ヘクタールに及ぶ広大な敷地の中には、15,00㎡もの巨大プールをはじめ、動物園や水族館、ベトナム最初の王Hung Vuongを祀るお寺、果てはワニ釣りまで様々なアトラクションがぎっしりと詰まっています。
入場料を払い、それぞれのアトラクションごとにアトラクション料がかかるシステムになっていますが、どれも比較的安く設定されており、ベトナム庶民にも手の届くテーマパークとなっています。

その特徴は・・・
とにかく、パーク内ののいたるところにある仏教やベトナムの歴史にゆかりのある、はたまた、何に関係があるのか不明なものに至るまでの様々な彫刻やオブジェがとにかく巨大で、派手派手しいこと。極端に言えば、どんなアトラクションよりも、これらを目の当たりにすること自体が特に外国人である私たちにとってはこのテーマパークの最大の楽しみ方なのかもしれません。

これ以上の説明は必要ないでしょう。
画像でその面白さを存分に味わってみてください。

Suoi_Tien_05

Suoi_Tien_02

Suoi_Tien_03

Suoi_Tien_04

Suoi_Tien_06

Suoi_Tien_07

Suoi_Tien_08

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

世界遺産の歴史地区が幻想的な世界へ ホイアンのランタン祭り(ベトナム)



ベトナム中部の都市ダナンから車で30分ほど行ったところにある、港町ホイアン。
歴史をひも解いてみると、元々は15~16世紀に中継地点として港が開かれたことに始まり、17世紀になるとこの辺り一帯の交易拠点として最大の発展を遂げ、日本人街や中国人街などができるようになりました。
この頃に作られた、日本人街と中国人街を結ぶ中国風の橋が通称『日本橋』。正式名称は『遠来橋』といい、「友達が遠路はるばる来てくれることは嬉しいことだ」という中国の論語に由来しています。

夕暮れの日本橋_ホイアン

そのデザインの美しさから、ベトナムの2万ドン紙幣のモチーフになっており、また、ホイアン観光の一つの目玉となっています。

19世紀になると交易の拠点がダナンへと移って行き、ホイアンは急速に衰退して、一時は人々の記憶からも忘れ去られるような形となりました。しかし、この状況が逆にホイアンには幸いします。近郊の大都市が急速に近代化していく中で古くからの街並みを失っていく中、ホイアンにはかつての街並みが手つかずで残ったのです。それが認められ、1999年、「ホイアンの古い町並み」としてユネスコの世界文化遺産に登録されました。

このホイアンの町の名物となっているのが、「ランタン祭り」。
毎月旧暦の14日、歴史保存地区の電気がすべて消され、通り沿いに数多くのカラフルなランタンが飾られるのです。幻想的な雰囲気に生まれ変わった町の中を歩くと、昼間歩いたのとは全く異なり、なぜか懐かしい感覚に包まれます。

Hoian_Lanterns_02

Hoian_Lanterns_03

Hoian_Lanterns_01

Hoian_Lanterns_04

また、ランタン祭りの際には、町を流れるトゥボン川で灯篭流しも行われます。折り紙とろうそくで作られた灯篭は購入することもでき、旅の思い出の一つとして、体験してみるのもいいかもしれません。

2014年後半と2015年のランタン祭りの開催予定日は以下の通りです。
ただし、前後することもありますので、必ず事前に確認されることをお勧めします。

【2014年】
8月9日(土)/9月7日(日)/10月7日(火)/11月6日(木)/12月5日(金)

【2015年】
1月4日(日)/2月2日(月)/3月4日(水)/4月2日(木)/5月2日(土)/6月29日(月)
7月29日(水)/8月27日(木)/9月26日(土)/10月26日(月)/11月25日(水)/
12月24日(木)

ホイアンは、町そのものが魅力的な場所ですので、ベトナムへご旅行の際には是非とも組み込んでいただきたいところの一つですが、せっかく訪れるなら、このランタン祭りに合わせて、ホイアンに1泊してみたいものです。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

世界の様々な宗教の融合 カオダイ教 ベトナム


日本国内だけでもいわゆる新興宗教と呼ばれるものは星の数ほど存在しますが、さらに世界中の国々にも目を向けると、その数は無限に存在すると言っても言い過ぎではないでしょう。

しかし、その大多数が世界四大宗教である、キリスト教、イスラム教、ヒンズー教、仏教のいずれかの教えを基本理念として据え、その分派という形で存在しているのが実態です。
そんな中で、ベトナムの新興宗教カオダイ教は一風変わった性格をもった宗教です。

ベトナム南部の商業の中心ホーチミンから北西へ約100㎞、タイニン(西寧)というところにカオダイ教の総本山は置かれています。ホーチミンからは車で2時間30分~3時間ほどの距離です。

shutterstock_148509854

敷地内に入ると、上の写真のような派手な装飾を纏った独特な佇まいを見せる中央礼拝堂が姿を見せます。
カオダイ教は、一つの宗教の教えを基に派生した宗教ではなく、儒教、道教、仏教、キリスト教、イスラム教の教えを融合したものであり、これら五教を土台としたことから、「カオダイ=高台」と名付けられて1919年にゴ・ミンチェンという人物によって興された宗教です。

面白いのは、たくさんの聖人が崇拝されており、孔子、老子、釈迦、観音菩薩、イエス・キリスト、ムハンマドから始まり、ソクラテス、ビクトル・ユーゴー、トルストイ、孫文といった世界の偉人達もが聖人として名を連ねています。これらの聖人たちの絵などを礼拝堂の外壁に見ることができます。

Cao_Dai_eye

礼拝堂の中央に本尊として祀られているのが「天眼」と呼ばれる目玉。
「宇宙の原理」「宇宙の至上神」の象徴とされ、ベトナム道教の最高神玉皇上帝の目玉とされています。礼拝堂の至るところにこの天眼を見ることができます。

shutterstock_85201051

1日に4回礼拝が行われ、信者たちは独特の白い装束をまとい、礼拝堂へと集まってきます。
一説には、信者は100万人とも300万人とも言われ、総本山のあるタイニン省に限って言えば、人口の7割、あるいは三分の二がカオダイ教徒だと言われています。

このカオダイ教総本山へは、ホーチミンからの日帰り観光として訪れることができます。
いつでも訪れることは可能ですが、上記の日に4回の礼拝の時間に合わせて訪れれば、よりカオダイ教の未知の姿を垣間見ることができるでしょう。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ