世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

ペルー

知る人ぞ知るインカの塩田 ペルー/マラス塩田


ここ数年、南米きっての観光地といえば、そのトップに常に君臨しているのがボリビアのウユニ塩湖。
現地にはかつてないほどの日本人観光客が訪れており、湖畔に建ついくつかの「塩のホテル」はどこも満室状態が続いています。

さて、そのお隣のペルー。
ペルーの観光スポットと言えば、マチュピチュ遺跡やその観光の拠点となるクスコの町が有名ですが、そのクスコの郊外に、知る人ぞ知る、ペルーの塩の観光地、マラス塩田があります。今日はこのマラス塩田をご紹介したいと思います。

SALINERAS_DE_MARAS_01

Salineras de Maras(サリネーラス・デ・マラス)と呼ばれるマラス塩田は、インカ時代の前(プレ・インカ)から続くアンデスでも珍しい塩田として、広く知られています。

SALINERAS_DE_MARAS_02

アンデスの渓谷から突如流れ出す湧き水は高濃度の塩水であったことから、太古の昔、これを渓谷の斜面に作った塩田で天日干にすることで、塩の生産が始まったと言われています。
海から遠く離れたアンデスで唯一生産された貴重な塩は、インカ帝国時代、その生産を帝国が一括管理して、広大な領土に分配ししていたと伝えられています。また、この塩は料理の調味料と言う利用方法以上に、アンデスではチャルキと呼ばれる世界最古の乾燥食品(リャマの肉をフリーズドライしたもの)を製造する際、生肉をこの塩に漬けて水分を抜いてから乾燥させたことから、アンデス地方の食文化には欠かせない重要な材料と位置付けられていたようです(その他、医療やミイラ加工にも使用されたと言う説もあるようです)。

現在、渓谷の斜面に約3800もの塩田があり、そのひとつひとつが地元の人々が所有しているとのことでした。塩田での生産が本格化するのは、毎年5月の終わりから6月辺りで、この時期から雨期が始まる10月頃まで、塩田では本格的な生産が続くそうです。

SALINERAS_DE_MARAS_03

SALINERAS_DE_MARAS_04

SALINERAS_DE_MARAS_05

クスコから片道1時間半ほどで行けるマラス塩田、他の人とは一味違ったペルー旅行を満喫するためにも、是非足を伸ばしてみることをお勧めします。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

ナスカの地上絵で新たな地上絵を発見! ペルー/ナスカ


マチュピチュに次いで、世界中から多くの観光客を惹きつけているペルーの世界遺産ナスカの地上絵。
ハチドリや猿、宇宙飛行士など、セスナ機から見下ろす巨大な地上絵は、「いつ、だれが、どうやって作ったのだろう?」と古代への浪漫と夢をかきたてるものです。

Nazca_Lines_01

Nazca_Lines_02

Nazca_Lines_03

そんなナスカの地上絵でこの度、ラクダ科のリャマとみられる新たな地上絵24点が発見されました。
この新たな発見を発表したのは、ナスカの地上絵の謎の解明に取り組んでいる山形大学人文学部付属ナスカ研究所(所長:北川忠明学部長)。昨年12月から今年2月にかけて行われた同研究所による調査によって確認されたもので、確認された場所はナスカの市街地から1.5kmほど離れたアハ地区にある丘の斜面。24点は全長5~20メートルほどで、丘の小石を面的に取り除く手法でつくられていることから、時期としては紀元前400~同200年ごろのパラカス後期と推測できるといいます。

市街地から近い場所で見つかったことから、宅地開発で破壊される恐れが高く、同研究所は今後の保護の重要性を訴えています。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ