世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

マハトマ・ガンジー

添乗員現地最新レポート インド/グジャラート州編24(最終回)


最終日、アーメダバードから空路、デリーで乗継ぎ、帰国の途へ。
デリーでは、グジャラート州でもゆかりのあったマハトマ・ガンジーのガンジー・スムリティ博物館を訪ねました。

ガンジーはこの地で1948年1月30日に糾弾に倒れました。敷地内には、ガンジーが住んでいたビルラー財団の屋敷があり見学できます。ところどころにガンジーが残したメッセージがありました。例えば「私の生き方が、私からのメッセージ」などなど。

ヒンドゥー教徒とイスラム教徒との融和を訴えたガンジーは、インドがヒンドゥー教のインドとイスラム教のパキスタンに分離することに反対していました、現実はガンジーの願いは叶わずににインドとパキスタンは独立。(1947年8月15日)。それから1年足らず、ガンジー自身がイスラムとの融和を嫌う、ヒンドゥー教徒によって暗殺されました。

もう1カ所訪ねた、国立ガンジー博物館と合わせてご紹介します。 

P3210518

P3210519

P3210520

P3210522

P3210523

P3210524

P3210526

P3210529

P3210530

P3210531

P3210626

P3210627

P3210628

P3210630

P3210631

P3210632

P3210634

P3210636

P3210639

P3210641

P3210642

P3210643

P3210645

(おわり)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート インド/グジャラート州編⑧


グジャラート州の南西部にポルバンダルという町があります。

市内 (2)

市内

アラビア海に面していて、1948年までポルバンダル藩王国の首都であった場所です。何よりインドではインド独立の父マハトマ・ガンジー氏の生誕地として有名です。グジャラート州はガンジー氏の活動の拠点となり、主要都市アーメダバードには修道場が博物館として残っています。

ポルバンダルにはガンジー氏が生まれた建物が今も残り、連日、多くの観光客で賑わっています。

ガンジー生誕地入口

P3150022

P3150010

P3150011

P3150012

P3150013

ガンジー氏は18歳にイギリスへ弁護士の勉強に行くまで、ここで暮らしていました。寺院のような入口で靴を脱いで中庭に入ると、所々にガンジー氏の顔写真やポートレイト、またガンジー氏の生い立ちを紹介したパネルが並んでいます。

実際に生活していた建物内には、ガンジー氏が生まれた場所にヒンドゥー教で用いられる吉祥の印と顔写真があり、記念撮影をする観光客を見かけます。2階には往時に読書室と使われた部屋やキッチンが残っています。

P3150016

P3150018

ガンジー父・母

読書室

また、話は変わりますが、ポルバンダルの海岸沿いに造船所があると聞き訪ねてみたところ、木造のダウ船を作る作業員を見ることができました。500年以上前、アフリカやヨッロッパとの貿易で活躍したダウ船を彷彿させます。

P3150030

P3150031

P3150032

P3150033

P3150034

P3150036

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート インド/グジャラート州編①


3月22日、インド・グジャラート州へのツアーより帰国しました。
ツアータイトルは「インド カーティヤワール半島の西端へ グジュラート州の遺跡や聖地、伝統文化を見る 12日間」。まだまだ、一般的なインドのツアーでは訪れない地域です。

グジャラート州はインドの西部に位置し、北にラジャスターン州、東にマディヤ・プラデーシュ州、東南にマハーラーシュトラ州と接し、北西にパキスタン領のシンド州との国境があります。アラビア海に突き出たカーティヤワール半島とその付け根部分にあたり、北部にはカッチ湿原が広がります。

故マハトマ・ガンジー氏の出身州でもあり、ゆかりの地が多い他、現在のインドの首相モディ氏もグジャラート州の出身です。

古来から西アジアとの重要な交易地であって、インダス文明の港湾都市とされるロータル遺跡やカッチ湿原にあるドーラビーラ遺跡が発見されています。

ロータル遺跡は主要都市アーメダバードから南に80km、カーティヤワール半島の南側の付け根に位置するインダス文明の都市遺跡です。

P3120051

P3120053

インダス文明最盛期から後期に至る遺跡で、紀元前2600年~1800年頃のもの。全体がほぼ正方形の厚い城壁に囲まれ、基壇上に築かれた穀物蔵や沐浴施設がみられます。また、城塞と市街地には計画的に配された街路に沿って家屋が連なります。

P3120052

P3120058

P3120059

P3120060

P3120061

P3120062

P3120064

P3120065

P3120067

P3120069

また、東側の壁に隣接して「ドック」と呼ばれる、219m×37m、深さ4.5mのレンガ造りの巨大なプール様の施設が確認されています。ドックは、運河で近くを流れるサーバルマティー川につなげられていることから、メソポタミアとの交易のための船の引き込み用施設、港湾施設ではないかと考えられています。

P3120056

P3120057

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ