サワイマドプールは、ベンガル・タイガーをはじめとした多種多様な野生動物を見ることができるランタンボール国立公園観光の拠点となる町です。
かつてジャイプールのマハラジャ達の狩猟場であったこの地は、1955年に野生動物の保護区となりました。一度は絶滅の危機に瀕したベンガル・タイガーですが、その後の徹底した保護の努力が実り、現在ではその個体数も増加してきています。

そのランタンボール国立公園に隣接した敷地に展開されているのが、今回視察する一つ目のアマンリゾートとなる『アマニカス(Aman-i-Khas)』。
世界中のアマンリゾーツには、それぞれ、サンスクリット語で「平和」を意味する「アマン」に現地語をはじめとしたその他の単語を組み合わせた名前が付けられていますが、ここアマニカスの「カス」とは、ヒンディー語またはウルドゥー語で「特別な」を意味する言葉です。
サワイマドプールの駅でアマニカスから迎えに来たランドクルーザーに分乗して約30分、アマニカスの視察へと向かいました。

アマニカスに到着すると、総出のスタッフと鮮やかなピンクのウエルカム・ドリンクが私たちを出迎えてくれました。これから酷暑期を迎えようとしているインド、とりわけ砂漠地帯のラジャスタンの日中の気温はゆうに40℃を越えています。冷たいウェルカム・ドリンクが、乾いた喉を潤してくれました。

AMAN-I-KHAS_03

アマニカスは、テント式の客室が敷地内に点在してるホテルです。その数、僅か10張。これに加えて、スパ・テント、ライブラリー・テント、ダイニング・テントが併設されています。テント数が少ない分、スタッフたちのおもてなしをよりきめ細やかに受けることができます。
なお、気候の関係上、毎年10月から翌年の4月までが営業期間となっています。

AMAN-I-KHAS_01

AMAN-I-KHAS_02

テントと言っても、侮ってはいけません。
広々としたテント内に入ると、入口から向かって正面がベッド・エリア、右側が浴室エリア、左側が洗面エリアとなっています。浴室エリアには大理石をくりぬいて作られたバスタブも完備し、シャワーブースとトイレは別となっています。テント内にはエアコンも完備され、外部の暑さが嘘のようです。
なお、ゆったりとリゾートを満喫していただくため、室内にテレビはありません。また、ベッドの手前に見える茶色のボックスの中には氷で満たされたクーラーボックスが収納されており、冷蔵庫の役割を果しています。

AMAN-I-KHAS_04

AMAN-I-KHAS_05

AMAN-I-KHAS_06

もちろん、敷地内にはお洒落なプールも完備。燦々と輝く強烈な太陽の下、水遊びやプールサイドでの読書なども存分に楽しむことができます。

AMAN-I-KHAS_07

また、敷地内の随所にたくさんの花が飾られ、リゾート気分をさらに盛り上げてくれます。

AMAN-I-KHAS_08

この他にも、敷地内にはアマニカスで供されるお食事に使われる有機栽培の野菜などを育てる農園や、湖などもあります。ご希望により、湖のほとりでロマンチックなディナーをセッティングしてもらうことも可能だとのことでした。

一通り施設を視察した後、ダイニング・テントで少し遅めのランチをいただきました。インド料理はもちろんのこと、洋食やメキシカンまでメニューから選ぶことができますが、せっかくのインドの旅、インド料理をいただくことにしました。

AMAN-I-KHAS_09

AMAN-I-KHAS_10

AMAN-I-KHAS_11

AMAN-I-KHAS_12

なお、アマニカスでは1日に2回、ランタンボール国立公園へのサファリを実施しており、スタッフの話しでは、3泊すれば、ほとんどのお客様がベンガル・タイガーと遭遇できる、とのことでした。

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ