世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

ラルン・ガル・ゴンパ

添乗員現地最新レポート 四川省/カンゼ・チベット自治州編⑪


チベットでは人が亡くなったとき、火葬、水葬、樹葬、鳥葬などいくつの葬儀があります。地域や年齢、身分により葬儀のスタイルは分けられます。ラルン・ガル・ゴンパでは鳥葬が行われており、裏山にある鳥葬場で一般人もまだ見学が可能です。儀式の後、職人により遺体が解体され、ハゲタカに食わせてしまいます。彼らは人が亡くなると、心は肉体を離れて来世への転生へ向かっているため、肉体は不要であり、他の生き物のために役立てようという考えがあります。

P5240264

P5240265

P5240266

P5240268

P5240269

P5240271

午後14:00、「オムマニペメフム」と祈りの言葉を合掌、見学者も一緒にします。不思議だったのは、この時点でハゲタカの姿が1羽も見当たらなかったことです。私たちは、山の斜面に座っているため、視界が開けており、遠くの山並みまで見渡せましたが、どこにもハゲタカの姿はありませんでした。
14:30頃、棺桶や布に包まれた遺体が運ばれてきて、職人により解体が始まります。解体場所には簡易の柵が設けられ、準備が整うまでハゲタカの侵入を防ぎます。

P5240272

P5240273

ハゲタカの姿がないので、煙でも焚いて呼ぶのかと思いきやそんな雰囲気もなく時間が過ぎました。しばらくして、ふと遠くの空に目を向けると、ハゲタカの大群が目に飛び込みました!ゆうに100羽は超えており、旋回を続けながらハゲタカは徐々に距離を近づけ、最終的に解体場所につながる山の斜面に舞い降りました。

P5240277

P5240278

P5240280

遺体の解体が終わるのを待ちきれないハゲタカが、少しずつ斜面を降りて行きますが僧に追いやられます。そして、準備が整い柵が取り払われた瞬間、ハゲタカの大群は土煙を上げながら斜面を一気に駆け下り、遺体に群がりました。

P5240282

P5240283

P5240283

P5240284

P5240287

P5240288

数年前から四川省の隣のチベット自治区人民政府は、鳥葬場面の見学禁止と宣伝禁止としています。今後、四川省内のチベット人地域での鳥葬見学も一切できなくなる日がそう遠くない日にやってくるのでしょう。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート 四川省/カンゼ・チベット自治州編⑩


ラルン・ガル・ゴンパは大法要の時期だったため、外部からの僧や尼僧、また中国人観光客で一杯でした。
現地ガイドさんの話では、中国人は観光客というよりチベット仏教を信仰している方々が1週間以上滞在しに来ているとのことでした。さすがに、日本人らしき人には会いませんでした。

ラルン・ガル・ゴンパが位置する場所は洛若郷と小さな町の近くです。標高3,800m~4,000m、2つの山の窪みの斜面に数百もの僧坊や家屋が立ち並んでおり、僧や尼僧が8,000~10,000人暮らしているといわれています。

P5240103

P5240104

P5240105

P5240110

P5240114

P5240115

P5240116

P5240118

P5240129

これら建物は赤茶色で大きさはほぼ同じ、折り重なるように密集しています。

P5240245

P5240252

P5240257

P5240260

車が通れる道は唯一中心を走る1本の舗装道路で、左右に駐車場があります。その道も山の中腹あたりからは細い道になるため、バスは進めません。左側の山の上にはケンポ・ジグメ・プンツォク師の像を祀った建物とマニ堂、また五体投地をする場所があります。

P5240164

P5240163

P5240160

P5240144

P5240147

P5240148

P5240155

P5240157

その横のホテルからは、ラルン・ガル・ゴンパが一望できます。

P5240134

P5240139

P5240141

朝8時、夜からの寒さが残り空気は冷たく、辺りに雪も残っていました。僕たちは終日ラルン・ガル・ゴンパで過ごしました。

P5240180

P5240185

P5240188

P5240191

P5240192

P5240208

P5240212

P5240216

P5240217

P5240230

P5240232

P5240237

次回は、鳥葬体験についてお話します。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート 四川省/カンゼ・チベット自治州編⑨


今回、ラルン・ガル・ゴンパの訪問日がお釈迦様の誕生日(旧暦)にあたり、大法要が行われるため、大勢の僧侶で混雑するとの情報を得ていました。

案の定、ラルン・ガル・ゴンパの手前10kmぐらいから車は渋滞し、通常なら1時間で通過できるところ、3時間以上かかってしまいました。道路では、僧侶や村人が大法要にあわせて来た、生き仏様を迎えようと通りにでて、カタ(スカーフ状の布)を振っていました。おめでとう!おめでとう!と叫びながら、町ではお祝いのためのサン(香草)の煙が至る所で立ち上っていました。

P5230003

P5230004

P5230005

P5230006

P5230007

P5230011

P5230015

P5230017

P5230025

P5230030

P5230035

P5230040

P5230043

P5230046

P5230048

P5230049

P5230050

P5230053

P5230059

P5230061

P5230063

P5230065

P5230066

こんなに大勢の僧や尼僧を一度にみたのは初めての経験でした。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート 四川省/カンゼ・チベット自治州編①


昨日、中国は四川省カンゼ・チベット自治州からの旅から帰国しました。今回のツアータイトルは「東チベット探訪 佛学院ラルン・ガル・ゴンパと川西高原を訪ねて 9日間」です。

四川省北西部に位置する佛学院ラルン・ガル・ゴンパを目指して、陸路、成都から片道3日かけての移動です。途中、瀘定、丹巴、道孚、マルカムに滞在しました。このあたりは、昔ながらのチベット世界が広がる地帯です。広大な高原と標高4,300メートルを越える峠越えがあります。

ラルン・ガル・ゴンパは、広大な丘の斜面を埋め尽くすかのように、僧坊群が広がります。1980年代に開かれたばかりですが、ケンポ・ジグメ・プンツォク師を慕って僧・尼僧が8,000~10,000人が暮らしています。

今回はお釈迦様の誕生日(旧暦)にあたり、各地から多くの僧侶が結集していました。はじめての鳥葬の体験など含め、後日、詳しくラルン・ガル・ゴンパについてご案内します。

写真は丘の上から撮ったラルン・ガル・ゴンパです!

P5240150

P5240166

P5240168

P5240200

P5240214

P5240243

P5240260

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート 中国・四川省編⑥


次なる目的地は甘孜チベット族自治州北東部に位置する色達(セルタ)県です。
色達県は、チベット高原の上にあり、4000mを越える高い峰々が連なるところです。私たち一行は炉霍を出発し、海抜3800m~4100mを北上、さすがに高山病に注意が必要な地域となります。

色達へ向かった最大の理由は、チベット仏教ニンマ派の最大級の僧院ラルン・ガル・ゴンパ(喇栄五明佛学院)を訪ねるためです。チベット高原の奥地の山肌に位置するこの僧院は、大勢のチベット僧侶が修行しており、僧院に集まるようにチベット族の数千もの家屋が建てられています。その山の斜面を覆い尽くすような光景は、まさに圧巻の一言です。

Gompa_03

まず、その全景を眺めようと反対側の丘の上へ向かいました。
途中まで車で上がり、そこから徒歩で上がったのですが、海抜3800mでの登りは容易ではありません。1時間以上かかりそうな頂上まで上がるのは断念しましたが、中腹からその様子を少し眺めることができました。

Gompa_02

また、ここで出くわした鳥葬は世界各国へ添乗へ出かけている私ですら、初めての経験でした。

その後、ラルン・ガル・ゴンパの散策へ。
下から見上げる密集した家屋群は、これまた凄い迫力で辺りを覆い尽くします。

Gompa_04

道行く人々はすべて僧侶と尼僧、路地は狭く、迷い込んでしまったら二度と出てこられなそうな感じです。

Gompa_05

総本山の境内では、数千もの僧侶が薄暗い光の中、座って読経する姿も見られました。

Gompa_06

Gompa_07

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ