アーメダバードには、1950年代にモダニズム建築家の巨匠と呼ばれたル・コルビジェやルイス・カーンを招聘して、公共建築や富豪たちの邸宅が建設されました。インドでコルビジェの建築といえばチャンディーガルですが、もう1箇所がアーメダバードです。繊維業会館、サンスカル・ケンドラ美術館、サラバイ邸、ショーダン邸などがあり、今回は美術館を訪ねました。日本ではコルビジェというと上野の西洋美術館が有名ですが、やはり似ている気がします。ちょっとくたびれた感じがまたインドらしいです。

P3200619

P3200620

P3200621

P3200622

P3200623

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ