約4ヶ月ぶりの「世界の街の色」シリーズ、今回のエントリーでご紹介するのは、南仏コートダジュールの町、マントンです。

Menton_01

イタリアとの国境に近いため、町にはフランス人だけでなくイタリア人も多く、また、1860年までモナコ領だったことから、文化の入り混じった独特な雰囲気を醸し出しています。
年間を通じて亜熱帯気候に属するマントンは、フランスでは珍しく冬でも温暖で、南仏でも最も暖かいと言われています。世界中から多くの観光客を集めていますが、かつてもイギリスやロシアの富裕層が避暑地として訪れていたといいます。また、前衛芸術家ジャン・コクトーとゆかりがあり、中世の要塞跡を利用したジャン・コクトー美術館もあります。

マントンの見どころは、丘の斜面に建ち並ぶビタミン・カラーの美しい風景。
ビタミン・カラーとは、明るい黄色、緑色、オレンジ色などかんきつ類に見られるようなビビッドな色調のこと。町を歩きながら眺めるだけでも十分美しいですが、ビーチからゆったりと眺めると、海と空の青さと相まって、より美しい風景を楽しむことができます。

Menton_02

Menton_03

Menton_04

Menton_05

マントンはまた、毎年2月中旬に開催される「レモン祭り」でも有名な場所です。

Menton_06

このレモン祭りについてはまた追ってご紹介したいと思います。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ