9日目、カザからマナリへ向かいました。
途中、ハンセやロサールの村を通り、ラチュウをロータン峠に方面へ進みます。ラチュウは分岐点になり、そこを北上するとラダックのレーにつながります(一部工事中)。途中の峠では標高4,000mを越え、迫るような山々と氷河を見る機会にも恵まれた。ただ、この日の移動はロータン峠付近まで今までで一番の悪路だったのを覚えています。

雪解け水が川のように道路を流れるため、早朝ホテルを出ましたが、それでも車を降りて徒歩で道路脇を進む場面がありました。ドライバーいわく、川のようになった道路の水量よりも、水が濁っているため水面下にころがる大きな石の塊の具合がわからなく、走行が難しいようです。

昼過ぎロータン峠に到着。この時期、ロータン峠には愛くるしい高山植物が沢山咲いていました。花に囲まれながらのお弁当もよかったです。また、運よくブルーポピーが見ることができました。

クンザン・ラ峠付近

クンザン・ラ峠付近2

ハンセ周辺

ハンセ周辺2

ハンセ周辺3

ハンセ町近郊

ブルーポピー

ブルーポピー2

ロータン峠

ロータン峠2

ロータン峠3

ロータン峠4

ロータン峠5

ロータン峠6

途中景色

氷河

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ