3月も中旬、暖かく感じられる日も徐々に増えて、いよいよ春の訪れを肌で感じられるようになってきた今日この頃です。
日本の春と言えば、なんといっても桜!
最新の開花予想をチェックすると、来週23日頃から咲き始め、日本列島を桜前線が北上していくようです。

日本の風物詩とも言える桜ですが、日本以外にも美しい桜を楽しめるスポットが世界中に存在します。
今日は、そのいくつかをご紹介したいと思います。

①ポトマック河畔の桜並木(ワシントンDC/アメリカ合衆国)

Cherry_Blossom_01

リンカーン記念館の裏手を流れるポトマック川の川岸は、毎年3月下旬から4月上旬にかけて一面が桜色に染まります。ここの桜並木はワシントンDCはもちろん、全米でも有名なばかりか、世界的にも有名なスポットとなっています。
この桜、実は1912年に荒川の土手から持って来られたもので、日米友好の証でもあるのです。
また、毎年この時期には、「全米桜祭り」が大々的に開催されます。

②東湖桜花円(武漢/中国)

Cherry_Blossom_02

前述のポトマック河畔、日本の弘前公園、そしてこの中国は武漢の東湖桜花園が「世界三大桜の名所」に数えられているのだとか。日本軍の武漢占領時代に桜が植えられ、その後も植樹が進んで、現在のような名所になったそうです。中国国内でも、遼寧省大連市にある龍王塘桜花園と合せて二大桜の名所とされています。

③慶州/韓国

Cherry_Blossom_03

韓国最大の歴史の街として知られる新羅時代の古都・慶州。
「屋根のない博物館」と呼ばれるほど、古墳や遺跡が数多く残るこの慶州では、観光客を迎え入れるために街を整備した際に、多くの桜が植えられ、いつの頃からか、「慶州=桜」というイメージが韓国内外で出来上がっていきました。現在では、約2万5000本の桜の木が街を覆っています。
毎年桜の季節には、「慶州桜マラソン&ウォーク大会」が開催されます。

まだまだ世界中には「桜の名所」と言われる場所がたくさんあります。
事前に調べて訪れるもよし、あるいは、偶然そんな名所に出逢うこともあるかもしれません。
また、桜以外にも世界中には美しい花の名所も数多く存在します。いずれ、そんな名所もご紹介していければと思っています。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ