世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

南アジア

添乗員現地最新レポート スリランカ編⑫


スリランカ編の最終章は、「添乗員現地最新レポート スリランカ編③」でご紹介したシギリヤ・ロックについて、カッサパ1世の野望と悲しい親子の物語に触れたいと思います。

シンハラ王朝の王、カッサパ1世が築いた都城シギリヤ・ロックは、完成からわずか11年でその短い歴史を閉じます。
5世紀後半、カッサパ1世はダートゥセナ王の長男として生まれました。カッサパには、王族の血筋をもつ母から生まれた弟モッガラーナがいました。カッサパの母は平民の血筋であったため、カッサパは弟モッガラーナに王位継承権を奪われるのを恐れ、父王に不満を持つ将軍と共謀して父王を投獄しました。そして、王位継承権をもつ弟をインドへ追放して、カッサパはカッサパ1世として即位します。

カッサパ1世は父ダートゥセナに隠し財産をすべて出すように迫りますが、「貯水池が全財産だ」と言う父に怒り狂い、生き埋めにして父を殺害してしまいます。弟のモッガラーナは、兄からの刺客を恐れてインドへ亡命します。

その後、カッサパ1世は弟からの復讐を恐れ、7年間もの歳月をかけて200mの高さを誇るシギリヤ・ロックの上に要塞宮殿を建設しました。宮殿完成後、カッサパ1世は11年間にわたりこの岩山に王座を置き、身を隠していました。

Sigiriya_Rock_Lion_Feet

Sigiriya_Rock_Top

11年後、南インド軍からの援軍を受けて戻ってきた弟のモッガラーナがシギリヤに攻めてきたことで、カッサパ1世は自ら短刀で喉をかき切り、自害したといわれています。

シギリヤ・ロックは王位継承争いの悲劇の舞台となった場所なのです。

=============

添乗員現地最新レポート スリランカ編は本日で最終回となります。
隣国インドと似たような文化をもちながらも、敬虔な仏教とたる宗教文化に裏打ちされた穏やかな人が暮らし、ゆったりとした時が流れる、それがスリランカです。
今回の旅は、世界遺産を中心とした文化的遺産を巡る旅でしたが、スリランカにはその他にも野生動物を楽しんだり、マリンスポーツを楽しんだり、ビーチリゾートを楽しんだりと様々な楽しみ方があります。
「インド洋の真珠」と称されるにふさわしい、スリランカへ是非一度、足を運んでみてください。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート スリランカ編⑪


スリランカはフルーツ王国です。
町の果物屋さんには、オレンジ、リンゴ、ブドウ、桃、スイカ、パイナップルなど日本でもお馴染みのフルーツだけでなく、ドラゴンフルーツ、ドリアン、マンゴスチンなど、日本ではあまりお目にかからないフルーツもあり、季節により様々な種類の新鮮なフルーツを1年中楽しめます。

露店にはたくさんのフルーツが並べられますが、中でもバナナの種類が豊富です。聞くところによると、スリランカには20種類を超えるバナナがあり、そのままデザートとして食べるのはもちろんのこと、カレーやサラダに入れたり、ドライフルーツにしたりと楽しみ方も色々です。

Banana_01

Banana_02

今回口にした赤みがかったバナナは、一般的な黄色いバナナよりも甘みが強く、とても美味しいバナナでした。

Red_Banana

その他に、ドラゴンフルーツは見た目は食べにくそうですが、手で皮をむいて簡単に食べることができ、果肉は甘く柔らかくて美味しいです。

Dragon_Fruits

「フルーツの女王」と称されるマンゴスチンは、味はほんのりと甘く、少し酸味がありさっぱりしていて、美味しいです。

Mangostine

南国スリランカは、新鮮なトロピカルフルーツの宝庫です。スリランカご滞在中にはたっぷりとトロピカルフルーツをご堪能ください。

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート スリランカ編⑩


ヌワラエリヤは、紅茶の産地であると同時に、リトル・イングランドと呼ばれる英領時代からの避暑地としても広く知られています。町中には、歴史を感じさせる白亜のリゾート・ホテルや郵便局、銀行が今も現役として使用されています。

Nuwaraeliya_03

Nuwaraeliya_04

町の市場は活気に溢れ、地元の人々の正に台所といった感じです。
米や肉類、野菜、果物など豊富な食材に恵まれており、日本では見かけない種類の野菜も見かけます。また、内陸部にも拘わらず、海から採れた新鮮な魚が売られているのにも驚かされました。

Nuwaraeliya_01

Nuwaraeliya_02

Nuwaraeliya_06

町中のメイン通りも賑やかで、洋服屋や雑貨屋をはじめ、インドでおなじみのサモサ(つぶしたじゃがいもをパイ生地で包んで揚げた軽食)が人気です。

Nuwaraeliya_08

Nuwaraeliya_07

私たちが宿泊したホテル『St. Andrew's(セント・アンドリュース)』は、コロニアル様式の邸宅をホテルとして利用しており、100年以上の歴史をもち、その時代の生活のペースとスタイルを維持している素敵なホテルです。

Nuwaraeliya_05

館内を飾るアンティークの調度品が英国ムードを漂わせており、近隣にはゴルフ場や乗馬クラブもあって、まさに高原リゾートと呼ぶにふさわしいホテルでした。

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート スリランカ編⑨


スリランカの旧国名はセイロン。そう、かの有名なセイロン・ティーの原産国です。
セイロン紅茶として親しまれているスリランカの紅茶は、イギリス、中東、ロシア、その他多くの国々へ輸出されています。紅茶といえばイギリスというイメージですが、実は英国メーカーの紅茶にもスリランカ産の紅茶が多く使用されています。

19世紀、イギリスはインドでの紅茶生産を成功させると、拡大すべく茶園をスリランカにも広げていきました。スリランカは気象条件が紅茶の生産に合っており、強い日差しと冷涼な気候を兼ね備えた丘陵地帯で生産される紅茶は香味に優れ、ヌワラエリヤをはじめとする一帯は紅茶の畑で覆われるようになりました。

ヌワラエリヤの「マックウッド・ファインティー社」の紅茶工場では、紅茶の製造過程を見学したり、高品質の紅茶を購入することができます。

Tea_Factory_02

Tea_Factory_05

Tea_Factory_06

1841年の創業以来、現在も27,000エーカーに及ぶ茶畑を所有しており、海外はもとより国内からも多くのお客様が訪れています。

よく、ヌワラエリヤは日本の軽井沢に例えられます。
避暑地らしい気候と滝や川が流れる自然に恵まれた光景の中、背負っているバスケットに手際よく茶葉を収めていく女性たちの姿が印象的でした。

Tea_Factory_04

Tea_Factory_03

Tea_Factory_01

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート スリランカ編⑧


Pinnawela_10

ピンナウェラにある象の孤児院は、群れからはぐれたり、母親を亡くしたりした子象を保護する施設として1975年に政府の管轄によりスタートしました。それより前にも、この辺りの地主たちは保護した象を荷物や丸太の運搬のために飼育していましたが、数が増えるにつれて食糧費が負担できなくなり、国に相談をもちかけたといいます。

Pinnawela_01

現在、100頭近い数の象が保護され、成長した象はその後寺院や象使いの元へと引き取られていく仕組みになっています。施設の入口にある看板には、子象に授乳する時間や川で水遊びをする時間帯がタイムテーブルで示されています。

Pinnawela_02

午前9時、子象の授乳の時間には職員がバケツいっぱいに入ったミルクを小ボトルに移し替えて象の口元へ持って行き飲ませます。600mlはあろうかと思われるミルクを飲む子象は、ものの2~3秒で飲み干してしまい、それを5回ほど繰り返します。興味があれば、一般の方でもチケットを購入して授乳体験することも可能です。

Pinnawela_03

午前10時、象たちは施設の門を出て、一般道を歩きながら川へと向かいます。それはもう、大きな象の大群が目の前を歩いて行くので迫力満点です。象たちは、約2時間川で思い思いに過ごし、昼になると施設に戻ります。川沿いにはレストランや喫茶店が並んでおり、象を眺めながらゆっくり過ごすこともできます。

Pinnawela_08

Pinnawela_09

是非とも立ち寄っていただきたい場所が、施設の入口近くにあります。それは、象の糞から紙を作る工場兼ショップです。中には象の生態を学ぶ展示があったり、実際に機械で糞から紙を作るプロセスを見学することもできます。

Pinnawela_04

Pinnawela_05

Pinnawela_06

それらの紙は、お洒落なメモ帳やカレンダーなどに形を変え、売上の一部は象を保護する費用に充てることができるよう、循環する仕組みを作っています。

Pinnawela_07

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ