世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

南太平洋

世界最小レベルの島国 ニウエ


2015年5月15日、日本政府は新たな国を国家承認することを決めました。その名は、ニウエ(Niue)。日本にとっては195番目に国家承認した国となります。

NIUE_MAP

ニウエは、南太平洋に浮かぶ小さな島国。その国土面積は259㎢で、島の一周は67kmで、国家としても最小レベル、島国に限って言えば5本の指に入る小ささです。現在の人口は1,500人ほどで、経済の停滞が理由で、その数も徐々に減って来ています。
首都はアロフィ。ここに空港があり、ニュージーランドから定期便が週に2便、就航しています。

イギリス女王を元首とする立憲君主制をとっており、総督は、ニュージーランド総督が兼任しています。1974年の独立以来、ニュージーランドとは自由連合関係を維持しており、軍事・外交を同国に委任しています。そして、国民はニュージーランドの市民権も有しています。

また、ニウエが昨年話題に上ったのは、その通貨を発表したことでした。
片面にエリザベス女王、もう片面にディズニーのキャラクターを刻印した硬貨を発行すると発表したのです。

NIUE_COINS

ニウエの観光的魅力は、手つかずの大自然。

NIUE_01

NIUE_02

NIUE_03

NIUE_04

NIUE_05

先にも書いたように、週に2便しか航空便が就航していないため、スケジュールの組み方が非常に難しいところですが、ほんとんどの方が訪れたことのないこのニウエ、他に先駆けて訪問を果してみたいものです。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

フィジー大統領が全住民の受け入れを表明 キリバス共和国


南太平洋には小さな島国が多く点在しています。
そして、昨今の地球規模の温暖化現象を受けた海面の上昇に伴い、今後国土自体が海面下に沈んでしまう恐れがあることを指摘されている国も存在します。
そのうちの一つが、キリバス共和国(Republic of Kiribati)です。

500px-Flag_of_Kiribatiキリバスの国旗

キリバスは、ギルバート諸島、フェニックス諸島、ライン諸島の一部を領土とする国家で、33の環礁からなり、それらは赤道付近に350万㎢に亘って散らばっています。世界で最も早く日付が変わる国でもあります。
日本からの直行便の就航はもちろんなく、フィジーを経由して行くのが一般的なルートです。フィジーへは以前は、エア・パシフィックという航空会社が日本から直行便を就航させていましたが、現在ではこの便はなく、香港でエア・パシフィック(現在はフィジー・エアウェイズに社名を変更しています)に乗り換えるか、大韓航空でソウル(仁川)乗り継ぎで向かうのが便利です。

そんなキリバスの首都タラワを訪問したフィジーのナイラティカウ大統領はこのほど、万が一、地球温暖化による海面上昇によりキリバスが水没の危機に瀕した場合、全住民をフィジーに受け入れる用意がある旨を明らかにしました。
住宅地近くまで海岸線が迫り、飲み水にも塩分が混ざるようになって、まさに水没の危機も現実味を帯びつつあるキリバス国民にとっては、何とも頼もしい申し出ではありますが、一方で、フィジーの国民90万人のうち約3分の1が貧困層というのが現実であり、10万人の人口のキリバス国民を本当に受け入れることが可能なのかと疑問視する声も挙がっているようです。

こんなニュースを読みながら、地球温暖化がいかに世界中に影響を及ぼしているのか、そして、それを食い止めるには私たちはどんなことができるのか、考えて行く必要があるのでしょうね。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ