Flag_of_Cuba Flag_of_the_United_States

2014年も暮れになって、大きなニュースが飛び込んできました。
長年に亘って国交を断絶していたアメリカ合衆国とキューバが国交正常化交渉を開始する、というのです。
オバマ米大統領は17日正午(日本時間18日午前2時)、半世紀以上も外交関係が断絶しているキューバとの国交再開を目指す協議を開始すると発表した。ホワイトハウスは、キューバを国際的に孤立させることで民主化促進を目指すこれまでの米国の政策が「失敗だった」と認め、新たな包括的外交政策を発表することで、関与政策に向けて180度の方向転換をした。
(毎日新聞 12月18日(木)2時10分配信記事より)
キューバは元々アメリカ合衆国の実質的な保護国でしたが、1959年にフィデル・カストロを中心としたキューバの革命勢力が当時のバティスタ政権を打倒すると(キューバ革命)、翌60年にはキューバ内の米国系企業の接収に踏み切りました。これに対抗する形で61年には米国が対キューバ国交断絶を宣言。62年には、「人道的措置」とされる一部の食糧や医薬品を除き、対キューバ全面禁輸に踏み切り、経済封鎖の状態が続いていました。

一部のチャーター便を除いて米系航空会社は定期便を就航させていないため、メキシコやカナダからキューバへ入るのが現在では一般的ですが、今回の国交正常化交渉により、大幅に条件が緩和され、米国~キューバ間の定期便の就航が再開されることが期待されます。
また、キューバ入国にあたっては、滞在中の万が一の際の医療費などを十分に補償できるだけの海外旅行保険に加入することが必須となっていますが、これについても、米系保険会社(AIU保険など)キューバへの渡航については保険の販売をしていませんでした。この点も国交正常化により、変化が見込める部分でしょう。

数か月以内に首都ハバナに米国大使館を再開させるとも報道されています。
今回の国交正常化により、世界遺産、歴史、ビーチと様々な魅力に溢れ、昨今人気の高いキューバがより身近になることは間違いありません。
クリスマス前に大きなニュースのプレゼントとなりました。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ