PINGXI_LANTERN

この写真をご覧になって、みなさんは何だと思われましたか?
実は、一斉に夜空に放たれたランタンなんです。

台湾北部、台北の郊外に位置する平渓では元宵節(旧正月後の最初の満月の日)に合わせて、『平渓天燈節』が開催されます。今年2014年は、2月3日、8日、14日の3日間に亘って開催されました。

PINGXI_PNF

天燈とはランタンのこと。
各自購入したランタンに願い事など思い思いのことを書き込み、参加者が一斉に夜空へとランタンを放つのです。真っ暗な夜空にほのかな炎のランタンが無数に上って行く様子は、まさに「幻想的」という言葉がぴったりであり、映画の一シーンに迷い込んだのではないかとの錯覚を覚えるほどです。

今年は残念ながら終わってしまいましたが、毎年行われているお祭りですので、ご興味のある方は是非、来年の天燈節に参加されることをお勧めします。

なかなか時期を合わせられないよ・・・という方へ。
写真のように大勢で一斉にランタンを放つことはできませんが、普段でも平渓ではランタン飛ばしの体験をすることが可能です。道すがらのお店でランタンを購入し飛ばすことになりますが、分からないことはお店の人がお手伝いしてくれるので安心です。

さて、この平渓へは通常、ローカル線である「平渓線」に乗って訪ねることになります。(天燈節の際には、台北から専用の乗り合いシャトルバスを利用します)
この平渓線、渓流に沿って走っているローカル線で、全長12.9km、7つの駅を結んでいます。
一部の区間では、線路沿いに商店が並び、まるで商店の中を列車が走っているかのようです。

Pingsi_Line_Shihfen

まさにノスタルジーに浸れる路線、平渓線。
いわゆる「鉄ちゃん」、「鉄子さん」だけではなく、普段は鉄道にあまり関心のない方でも、乗車しているだけで何となく温かく、昔懐かしい体験ができるひと時です。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ