Ramadan_2015

年に一度のイスラム教の断食月『ラマダン』が明日から始まります。
約1か月間、イスラム教徒たちは日の出から日没までの間、一切の飲食を断つ日々を続けることになります。

 ⇒ラマダンについては、昨年のエントリーをご覧ください。

さて、イスラム暦は太陰暦のため、このラマダンの月も毎年移動して行きます。
夏至を挟むこの時期にラマダンがぶつかる今年、思いがけない問題が浮上しているといいます。それは・・・

 「白夜の時期にあたる北欧では、1日のうち、いつからいつまでを断食の時間とするのか」

という問題です。
この時期、北欧ではほとんど太陽が沈まないため、ずっと昼と同じ状況が続きます。ラマダン中は、日の出前に食事を済ませ、日中は断食をして日没後に豪華な食事を摂る、という生活になりますが、その区切りが北欧に住むイスラム教徒には分からないというのです。

確かに、言われてみればその通り、丸々1日断食を続けるわけにもいかず、現地のイスラム教指導者たちは、対応に苦慮、新たな指針の策定を急いでいるそうです。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ