旅行に限らず、海外へ渡航する際には必ず必要となるもの、それは何と言っても「パスポート」。
パスポートとは、政府またはそれに相当する公的機関が交付し、海外に渡航する自国民の国籍や身分を証明するとともに、外国官憲に保護を依頼する公的文書のことを言います。日本では、「旅券」とも呼ばれます。

現在の日本のパスポートは、1992年に縦12.5cm、横8.8cmのサイズとなり、1995年には従来の5年有効のパスポートに加えて10年用のパスポートが導入され、表紙の色は5年用が紺色、10年用が赤色となっています。
デザイン的に見ると、表紙には皇室の紋章でもある「十六一重表菊」が印刷され、各ページには桜の絵柄やページの数字が薄く印刷されています。
2006年にはICチップが内臓された他、細やかな印刷様式の変更で偽造対策は行われていますが、デザインはほとんど変更されていません。

そんな日本のパスポートですが、ICチップが内臓されているページが分厚くて使いにくい、他国に比べて地味、との意見が多く、政府がデザイン変更の検討を始めたとのニュースが入ってきました。
まだデザインは決定していませんが、デザイン案として、
  • 富士山などの名所旧跡を印刷
  • 国内の世界遺産を印刷
  • 葛飾北斎の浮世絵「富国三十六景」を印刷

などの案が出ているようです。

政府は、このデザイン変更を機に、「パスポートを親しみやすいものにする」、「パスポートを通じて海外での日本文化の発信につなげる」ことをめざしたいとしています。

2020年に東京オリンピックの開催が決定していることから、2019年までのデザイン変更を目指します。

さて、世界中の国には、綺麗でデザインの優れたパスポートがいくつも存在します。

最後は、そんなパスポートのいくつかをご紹介したいと思います。


■アメリカ合衆国

USA

アメリカの象徴である鷲のデザイン、ニューヨークの「自由の女神」などの名所旧跡、独立宣言の抜粋などが印刷されています。


■ノルウェー

Norway_01

3色の色鮮やかな表紙


Norway_02

中のページには、簡素化されたフィヨルドの絵柄が印刷されていますが、ただのフィヨルドの絵ではありません・・・


Norway_03

ブラック・ライトを当てると、なんと!

オーロラが出現するという憎い演出がほどこされています。


■スイス

Swiss_01

真っ赤な表紙にはよく見るとスイス十字が型押しされています。

中のページのデザインも非常にカラフルで、すべてのページが異なるデザインとなっています。


■カナダ

Canada_01

写真左側は国会議事堂の絵が印刷されたページを普通に見たもの。

これにブラックライトを照射すると・・・右のように、建物がライトアップされ、花火が打ちあがる仕掛けになっています。


こうやって見ていくと、綺麗で可愛らしいパスポートが世界中にはたくさんあることが分かります。

せっかく日本のパスポートのデザインを変更する動きがあるのであれば、世界中の人々からうらやましがられるような斬新なデザインを取り入れてほしいものです。


個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。



↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ