中国本土をはじめ中華文化圏では旧暦を採用しているところが多いですが、2014年は今日が旧暦の1月1日となり、新年を迎えました。
中国ではこのお正月は「春節」と呼ばれ、1週間の連休となるため、各地に出稼ぎに出ている人々もこぞって故郷へ戻り、家族、親せきとともに1年の幸福を祈りながら、楽しいひと時を過ごします。

故郷へ帰るほとんどの労働者の足となるのが鉄道です。
春節前後、ほぼ同時期に多くの乗客が集中するため、鉄道は大混乱!特に移動の拠点となる広東省の広州などの都市ではその状況もひどくなっているようです。この現象は「春運」と呼ばれ、この時期のある意味での風物詩となっていると同時に、鉄道マンにとっては、いかに問題なくこの混雑を捌くかということが、腕の見せ所いったところでしょうか。

日本国内でも、横浜中華街をはじめ、神戸の南京町、長崎の新地中華街などで獅子舞や龍舞などさまざまな催し物が開催されます。
中国の伝統文化を知るにはうってつけの機会ですので、この週末、お出かけになってみてはいかがでしょうか?

yokohama_mazumiao

横浜中華街の「媽祖廟」

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちらから。


海外旅行 ブログランキングへ