視察最終日、最後に訪ねたのは2010年にユネスコの世界文化遺産に登録された『良洞村(ヤンドンマウル)』です。

Yangdong_02

この村は、李朝時代の伝統や家並みが現代までそっくりそのまま残されており、500年前の様子そのものとも言える村です。

Yangdong_01

村内には伝統的な両班の家屋や藁ぶき屋根の家160戸が点在しており、中には築200年以上が経過した古井家屋も54戸あります。現在でも人々が暮らしながら保存さえており、日本で言えば白川郷のような感じでしょうか。

最後の昼食には、ビビンバをいただきました。
ビビンバと言えば、全羅北道の全州が有名ですが、このビビンバは全州のものとは異なる食材や味噌を使っており、全く違った味わいを醸し出しています。

Bibimpap_01

特徴的なのは、コチュジャンは使わず、味噌を使用していること。
そのため、辛みはほとんどなく優しい味わいのビビンバを楽しむことができます。

Bibimpap_02

残念ながら、慶州には名物料理というものが未だにありません。このビビンバを「慶州ビビンバ」として名物料理に定着させたいと意気込んでいました。名物にするには相応しい、おいしいビビンバでした。

2泊3日の青松/慶州現地視察。
あわただしいながらも、盛りだくさんな視察となりました。
帰路の釜山~成田間のフライトは、偏西風の関係もあって、往路よりもさらに短いフライトです。牛肉メインの機内食を堪能している間に、成田はどんどん近づいてきます。

KE_Inflight_meal

さぁ、もうすぐ帰国です。

View_from_plane

(おわり)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ