世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

機内食

インド アマンリゾーツ 現地視察レポート②


成田ならインドのデリーまでの往復は、今回の視察旅行の主催者でもあるインドのフラッグ・キャリアであるエア・インディア。日本へは成田と関空にそれぞれ就航しており、成田線が水・土・日の運航、関空線が火・木・土の運航となっています。
今回はエア・インディアのご厚意により、ビジネス・クラスに搭乗させていただきました。

ビジネス・クラス搭乗の場合、出発までのひと時を軽食や飲み物も用意されているラウンジで過ごすことができます。成田空港にはエア・インディア専用のビジネス・クラス・ラウンジはないため、提携しているチャイナ・エアライン(中華航空)のラウンジを利用することになります。

AIR_INDIA_01

成田~デリー線に就航している機材は、ボーイング社最新鋭の787ドリーム・ライナー。搭乗便は、ほぼ定刻通り、成田空港を飛び立ちました。

AIR_INDIA_02

AIR_INDIA_03

同機のビジネス・クラス座席は、全18席。2-2-2の配列のシートが3列分です。
シート・ピッチも座席の幅も十分なゆとりがあり、ゆったりと空の旅を満喫することができます。

AIR_INDIA_04

シートの全面には大型のスクリーンがあり、種類豊富な映画や音楽番組をそれぞれの好みで楽しむことができます。残念ながら、日本語の番組はあまり多くはありません。
また、スクリーンの下には足置きがあり、これはシートをフルフラットに倒した時のベッドの一部となります。

AIR_INDIA_05

成田からデリーまでの飛行時間は9時間弱。飛行中、機内食は2回供されます。
まずは、飲み物と共に前菜とピーナッツ、アーモンド、インドのミックスナッツのスナックです。

AIR_INDIA_06

食事は、カレー2種(ベジタリアン/ノンベジタリアン)と和食からのチョイス。今回は、和食をチョイスしました。メインはうな丼です。

AIR_INDIA_07

AIR_INDIA_08

食後にはデザートのケーキとチーズ。ここまでの一連のお食事でお腹も大満足です。

AIR_INDIA_09

食事も一段落し、窓の外を眺めると、眼下に雲海を望みながら青空の中に飛行機の主翼が見えます。この独特な主翼の形が787ドリーム・ライナーの一つの特徴です。

AIR_INDIA_11

着陸前の2回目の食事は、オープン・サンドと揚げ餃子、ケーキにフルーツです。

AIR_INDIA_10

徐々に高度を下げ始めたエア・インディア機は、定刻より若干遅れて、デリー・インディラ・ガンディー国際空港に着陸しました。
入国審査場では、いかにもインドらしい、印を結んだ手の彫刻が我々を迎えてくれました。

AIR_INDIA_12

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

韓国 慶尚北道・青松/慶州現地視察レポート その①


韓国東部に位置する慶尚北道。
その地方都市である青松郡の青松文化観光財団よりご招待をいただき、日本ではまだまだほとんど知られていない、青松と世界遺産の古都でもある慶州の見どころを5/16(金)~5/18(日)の2泊3日の日程で視察してきました。

Cheongsong_Map
インターネット上でも情報の乏しい青松には、隠れた見どころも多くありました。その青松の情報を中心に、現地の最新情報を皆様にお届けします。

=================

上の地図をご覧いただいてもお分かりいただけるように、青松は南の釜山と北のソウル(地図では「漢城」と記載されています)のほぼ中間に位置しています。
今回は、慶州の訪問も含まれることもあり、ゲートウェイは釜山となりました。
我々一行を乗せた大韓航空KE-716便は定刻通り、成田国際空港を飛び立ちました。使用機材はBoeing737-900型機で、座席は3-3の配列。フライト所要時間は約2時間、あっという間に釜山に到着します。

水平飛行に移ると、すぐに昼食のサービスが始まります。所要時間が短いため、飲み物のサービスと同時に行われます。メインのメニューは魚メニューのみ。手際よく食事が配られます。

KE_INFLIGHT_MEAL

飲み物には韓国ビールをリクエスト。韓国のビールも種類が豊富で、味の方もなかなかのもの。韓国は焼酎やマッコリなどのお酒でも有名ですが、ビール好きも楽しめるデスティネーションでしょう。
メインの他にパンと果物、ミネラル・ウォーターが付いた昼食でした。

僅か2時間のフライト時間でも、食事を片づけた後は機内免税品の販売です。この短い時間の中でもきっちりと仕事をこなしている姿勢は関心するものがありました。

そうこうしているうちに、KE-713便は徐々に高度を下げ、香港かと見まごうばかりの高層マンション群を横目に釜山国際空港に着陸しました。

ここから車で約3時間、目指す青松へ向かいます。

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

メキシコ ユカタン半島視察レポート その①


5/3~5/12の日程でメキシコはユカタン半島のマヤ文明期の遺跡とコロニアル都市と訪ねる現地視察にやってきています。今日からしばらくの間は、現地メキシコで見たもの、聞いたことをできるだけ現地からお届けしたいと思います。

5/3(祝)、ゴールデン・ウィーク後半の初日となるこの日、成田空港発メキシコ・シティ行のノンストップ便であるアエロメヒコ057便で成田空港をほぼ定刻に飛び立ちました。

Aeromexico

Monitor

昨年10月より、アエロメヒコの成田線にはボーイング社の最新鋭旅客機BOEING787ドリームライナーが投入されています。個人的にも初めての787への搭乗ということもあり、楽しみに機内へと搭乗しました。

Boeing_787

座席は、3-3-3の配置。
座席間のスペースも割合に広く取ってあり、体の大きな私でも足がつかえてしまうこともなく、あまり窮屈さを感じずに座ることができました。今回のフライトは、3列の真ん中の座席にちらほらと空席が見られるだけで、ほぼ満席での出発となりました。

離陸後1時間半ほどすると1回目の機内食が提供されました。
豚の生姜焼き(和食)とパスタの2種類からのチョイス。今回は、豚の生姜焼きを選んでみました。

In_Flight_Mea_01

このメインに、シーフード・サラダとパン、チーズ、クラッカー、ケーキが添えられた機内食です。
飲み物にはビールをチョイス。
日本でもおなじみのコロナ・ビールにテカテ、そして日本のビールが搭載されていましたが、ここは迷わずメキシコのビールをチョイス。テカテを飲みながらの食事となりました。

食事が終わってしばらくすると、機内の照明が落とされ、乗客たちもお休みの準備に入ります。
メキシコ・シティまでは12時間強のフライト時間ですので、ここでしっかりと睡眠をとるのも重要です。
この時間にお腹が空いてしまってもご安心ください。ギャレーには軽食の用意がしっかりとされていますので、客室乗務員にお腹が空いた旨を伝え、軽食をもらうことができます。今回用意されていたのは、たらことおかかのおにぎり、ツナとハム、チーズのサンドイッチ、お菓子などでした。

長いフライトも終盤を迎え、メキシコ・シティ到着の約2時間ほど前になると、2回目の機内食が提供されました。

In_Flight_Meal_02

この食事ではチョイスはなく、ポテトとハムを添えたオムレツにフルーツ、パンにカップケーキという内容でした。

食事も終わった頃、アエロメヒコ057便は徐々に高度を下げていき、定刻よりも少し早めにメキシコ・シティに到着しました。
長時間のフライトもあまり気にならない空の旅でした。
メキシコ・シティで乗り継ぎ、目指すはユカタン半島のビーチ・リゾート、カンクンです。

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

空の旅の最大の楽しみ 機内食


飛行機での空の旅。
数十分の飛行時間のものから十数時間のものまで様々ありますが、あの狭い空間の中でのフライトで最大の楽しみといえばやはり機内食ではないでしょうか?
短距離路線では1回、長距離路線になると2回、さらに途中で軽食が供される場合もあります。

旅の口コミサイト『地球の歩き方“旅スケ”』ではこの度、口コミによる航空会社の機内食ランキングが発表されましたので、ここでもご紹介したいと思います。
上位10位は次の航空会社となりました。

 1位   シンガポール航空
 2位   トルコ航空
 3位   エールフランス航空
 4位   全日空
 5位   チャイナエアライン
 6位   エミレーツ航空
 7位   KLMオランダ航空
 8位   ルフトハンザ・ドイツ航空
 9位   日本航空
 10位  キャセイ・パシフィック航空


PK_Inflight_meal

これもれっきとした機内食。
パキスタンのイスラマバードからギルギットまでのプロペラ機による1時間のフライトで出された軽食です。

TG_Inflight_Meal_2

航空会社の国や、発着地の国によってメニューも多彩です。
写真はタイのバンコクからイスラマバードまでのタイ国際航空のフライトでの機内食です。到着地パキスタンに合わせて、カレーが供されました。ビールはタイの「シンハー・ビール」です。

LCC(Low Cost Carrier:格安航空会社)が台頭している昨今。
安さを追求するがために、機内食が簡素化されたり有料化されたりしています。これはこれで一つの選択肢だとは思いますが、やはり、空の旅の楽しみは失いたくはないものです。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ