FIFA_mascot

日本時間6月15日(日)10時にキックオフとなった日本代表チームの初戦、対コートジボワール戦は、本田選手の先制点で幸先の良いスタートとなりましたが、残念ながら1-2で勝利することはできませんでした。
次戦は20日(金)の対ギリシャ戦。次は是非、勝ちをもぎとってほしいと思います。

さて、あちこちで目にすることも多い写真のマスコット、これは2014FIFAワールドカップブラジル大会の公式マスコット。名前を『フレコ』といいます。
モチーフとなっているのは、ブラジル東部の固有種で、乱獲により絶滅の危機に瀕している「ミツオビアルマジロ」で、危険を察知すると体を丸める姿がサッカーボールに似ていることから、採用に至りました。

three-banded armadilloミツオビアルマジロ

黄色の体に緑の半ズボンを履き、青い甲羅と尻尾はブラジルの国旗の色と同色となっています。
フレコという名前は、ブラジルの公用語であるポルトガル語で、「サッカー(Futebol)」と「エコロジー(Ecologia)」を掛け合わせた造語とのこと。サッカー大国ブラジルのサッカーを世界にアピールするとともに、環境問題への関心を高めたい、との願いが込められてるのだそうです。

さて、ワールドカップの公式マスコットが登場したのは、一体、いつの頃からなのでしょうか?
調べてみると、1966年イングランド大会に登場したライオンがモチーフの「ウィリー」が最初。もう、50年近く前のことです。同じく4年に一度のスポーツの祭典、オリンピック夏季大会の公式マスコットの登場1972年のミュンヘン大会(当時の西ドイツ)で登場したダックスフンドをモチーフとした「ヴァルディ」ですから、ワールドカップの公式マスコットの登場の方が早かったことになります。

フレコをデザインしたグッズも色々と販売されているようです。
日本の裏側のブラジルまで観戦には行けなくても、ワールドカップ応援の記念に、グッズを購入するのもいいかもしれませんね。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ