イランの三大聖地といえば、マシャドのイマーム・レザーの聖墓、コムのハズラテ・アマスーメの聖域、そしてシラーズのシャー・チェラグ廟の3つを指します。いずれも、イスラム教シーア派にとって重要な巡礼地とされ、イスラム教徒以外は霊廟内に入ることはできません。

私たち観光客は、特別な宗教行事がない限り、通常、霊廟の入口付近まで近づけますが、聖地により手荷物やカメラの持ち込みが禁止され、女性はチャドル(体全体を覆う布)の着用義務があります。コムの聖域に至っては、今年から観光バスでのアクセスが禁止され、公共のバスに乗り換えての訪問となりました。

3つの聖地はとても敷地が広く、多くの信徒を受け入れられるように造られています。なかでもマシャドは神学校や博物館などが併設する巨大な複合施設となっており、そこを中心に街が作られたことがよく分かります。どこも美しい建物、厳かな空気、高揚する人々の熱気に満ちていました。

写真はマシャドです。
その世界をご堪能ください。

Mashhad_01

Mashhad_02

Mashhad_03

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ