日本の冬の最大のイベントといって真っ先に思い浮かべるものは何でしょうか?
殆どの方が札幌の雪まつりを挙げるのではないでしょうか?
雪で作った大小の像が会場を埋め尽くすこのお祭りは、1950年に第1回目が開催されたのを皮切りに今年で第66回目を迎え、今年は2月5日~11日の日程で開催が予定されています。

翻って世界に目を向けてみると、お隣り中国にも冬の風物詩とも言えるイベントがあります。
東北部ハルピンで毎年1月5日頃から2月末頃まで開催される『ハルピン氷祭り』です。

Ice_Festival_01

1985年に第1回目が開催されたこの氷祭りは、「世界三大氷祭り」にも数えられており、中国国内のみならず、外国からも毎年多くの観光客を集める人気イベントです。日本からもこのお祭りを見学するツアーも設定されていたりします。

札幌の雪まつりと異なり、氷祭りというだけあって、展示されるのは雪像ではなく、氷でできた彫刻です。そして、色とりどりの蛍光灯やLEDでライトアップされ、より華やかな印象を受けます。
主な会場は、市内の太陽島公園、兆麟公園、氷雪大世界の3か所です。特に氷雪大世界は市内を流れる松花河の河川敷で開催され、ここに展示される氷像は、厳しい冬の寒さで凍った松花河の天然の氷が使用されます。

Ice_Festival_02

Ice_Festival_03

Ice_Festival_04

Ice_Festival_05

正式な開幕は上記のとおり1月5日頃ですが、実際には準備が整う12月末頃から見学が可能となります。
この時期に中国東北部を旅する予定のある方はもちろんのこと、この氷祭りを目的にハルピンを訪れるのも決して悪くありません。寒さ厳しい時期であることは間違いないですが、それを補ってあまりある魅力がこの氷祭りにはあります。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ