世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

韓国

コリアンエア利用 ソウル1泊2日弾丸ツアーが9,500円!


日頃、当ブログ『世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部』をご愛読いただき、誠にありがとうございます。
心ばかりの感謝の気持ちを込めまして、当ブログをご覧いただいている読者の皆様限定で特別ツアーをご案内します。それは・・・

ソウル1泊2日弾丸ツアー お一人様9,500円!

7月13日(月)、7月15日(水)出発2本限定(成田または羽田発着)でのご案内となりますが、2名様で1室ご利用で、1泊のホテル代と往復の航空券のセットでこのお値段!(別途、空港施設使用料、燃油サーチャージがかかります)
さらに、当ツアーの特典として・・・

 ①7月13日発は往路、7月15日発は復路のご利用便をお選びいただけます
 ②ホテルは、リッチ抜群のスーペリア・クラスの4つのホテルからお選びいただけます

をご用意しております。

朝一番の便で出発し、最終便で帰国すれば、ソウルで自由にお過ごしいただける時間は約30時間。グルメにショッピングに観光にエステに・・・どんな楽しみ方も十分にご満喫いただけること間違いなしです。

詳細は、個性派の陸旅倶楽部までメールまたはお電話でお問い合わせください!

Korean_Air
Nam_dae_mun

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

日本だけじゃない! 桜が見られる世界の都市をご紹介。


3月も中旬、暖かく感じられる日も徐々に増えて、いよいよ春の訪れを肌で感じられるようになってきた今日この頃です。
日本の春と言えば、なんといっても桜!
最新の開花予想をチェックすると、来週23日頃から咲き始め、日本列島を桜前線が北上していくようです。

日本の風物詩とも言える桜ですが、日本以外にも美しい桜を楽しめるスポットが世界中に存在します。
今日は、そのいくつかをご紹介したいと思います。

①ポトマック河畔の桜並木(ワシントンDC/アメリカ合衆国)

Cherry_Blossom_01

リンカーン記念館の裏手を流れるポトマック川の川岸は、毎年3月下旬から4月上旬にかけて一面が桜色に染まります。ここの桜並木はワシントンDCはもちろん、全米でも有名なばかりか、世界的にも有名なスポットとなっています。
この桜、実は1912年に荒川の土手から持って来られたもので、日米友好の証でもあるのです。
また、毎年この時期には、「全米桜祭り」が大々的に開催されます。

②東湖桜花円(武漢/中国)

Cherry_Blossom_02

前述のポトマック河畔、日本の弘前公園、そしてこの中国は武漢の東湖桜花園が「世界三大桜の名所」に数えられているのだとか。日本軍の武漢占領時代に桜が植えられ、その後も植樹が進んで、現在のような名所になったそうです。中国国内でも、遼寧省大連市にある龍王塘桜花園と合せて二大桜の名所とされています。

③慶州/韓国

Cherry_Blossom_03

韓国最大の歴史の街として知られる新羅時代の古都・慶州。
「屋根のない博物館」と呼ばれるほど、古墳や遺跡が数多く残るこの慶州では、観光客を迎え入れるために街を整備した際に、多くの桜が植えられ、いつの頃からか、「慶州=桜」というイメージが韓国内外で出来上がっていきました。現在では、約2万5000本の桜の木が街を覆っています。
毎年桜の季節には、「慶州桜マラソン&ウォーク大会」が開催されます。

まだまだ世界中には「桜の名所」と言われる場所がたくさんあります。
事前に調べて訪れるもよし、あるいは、偶然そんな名所に出逢うこともあるかもしれません。
また、桜以外にも世界中には美しい花の名所も数多く存在します。いずれ、そんな名所もご紹介していければと思っています。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

秋の夜空を彩る感動の大花火 釜山世界花火祝祭


梅雨明けももう、すぐそこ。夏本番を間近に控え、これからの時期の楽しみと言えば、各地の花火大会もその一つではないでしょうか?今から花火大会のカレンダーをチェックして、計画を立てられていらっしゃる方も多いと思います。

お隣り韓国でも、花火大会は皆が楽しみにしている風物詩の一つ。
そんな韓国の花火大会の中でも最大級、世界中の花火大会の中でも最大級なのが韓国きっての港湾都市として知られる釜山で毎年10月下旬に開催される『釜山世界花火祝祭』です。

Busan_Fire_Works_01

Busan_Fire_Works_02

この花火大会、2005年APEC首脳会議の際に開催された「慶祝先端マルチメディア会場ショー」が始まり。それから数えて今年は第10回目となり、10月25日(土)の夜に行われます。会場は、広安里海水浴場で、対面する広安大橋を背景に壮大な花火絵巻が繰り広げられます。

何がすごいのか?
それは、8万5千発もの花火が釜山の夜空を彩ることです。こう数字だけ書いても、その凄さはきっと伝わらないでしょう。では、東京近郊の有名な花火大会を見てみましょう。
  • 隅田川花火大会・・・10,650発
  • 東京湾花火大会・・・12,000発
  • 江戸川区花火大会・・・14,000発
  • 神奈川新聞花火大会・・・15,000発

主だった花火大会で打ち上げられる花火の数の5倍以上の花火が釜山世界花火祝祭では打ち上げられるのです。そして、これらの花火大会は概ね1時間半程度の時間をかけて打ち上げられるのに対し、釜山世界花火祝祭では、僅か約50分の間に打ち上げられるのです!


Busan_Fire_Works_03


Busan_Fire_Works_04

釜山世界花火祝祭の様子は、youtubeでも数多くアップされていますので、その凄さを是非ご覧になってみてください。


ご注意いただきたいのは、毎年150万人以上が繰り出すこの花火祝祭、特に花火が打ちあがった後の周辺道路は大混雑。僅かな距離を移動するだけでも3、4時間かかってしまうことも珍しくありません。移動手段を確保し、時間には十分余裕を見てお出掛けください。


Busan_Fire_Works_05

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


釜山世界花火祝祭を含む個性派の陸旅倶楽部のツアーはこちら。



↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

日本で感じる外国の香り② 駐日韓国文化院


昨日までの『韓国 慶尚北道・青松/慶州現地視察レポート』をお読みいただいた方の中には、身近に韓国を感じたいと思われた方もいらっしゃるかもしれません。
距離的にも、時間的にも、金額的にも韓国本国を訪れることもそう難しくはなくなってきた昨今ですが、それでもすぐに、というわけにはなかなかいかないですね。

そんな方のために、今日は韓国文化を身近に、手軽に体験することができる施設、東京四谷にある『駐日韓国文化院(Korea Center)』をご紹介します。

Korea_Center_01

韓国文化院は、韓国の文化を外国に紹介し、外国人が身近に触れ、体験できるようにすることで、当該国と韓国との交流を促進し、両国の懸け橋となるべく設置されている国の機関です。
東京では、1979年に池袋に開館して以来、麻布へ移転、そして、2009年より現在の地で業務を行っています。

Korea_Center_02

この建物は、海外の文化院では初めての自社ビルとして建設されたもので、『Korea Center』と呼ばれています。韓国文化院の他、観光局の業務を行う「韓国観光公社」や、地方自治体の観光局もいくつか入居しています。曲線を配した側面のフォルムは独特で、夜になると鮮やかな色のライトに包まれます。

韓国文化院では、韓国の文化を紹介するために伝統音楽の公演や韓国映画の上映会、シンポジウムや講演会など様々なイベントが毎月開催されています。そのほとんどのイベントへは、文化院のホームページから応募することが可能で、さらに、抽選の上で無料での招待となっています。これは非常にオススメです。
これらのイベントのほとんどが開催されるのが、2Fの「ハンマダン・ホール」。全307席の近代的なホールです。

また、日韓の書籍数万点を蔵書する「図書映像資料室」、また、屋上には韓国の生活の様子を感じることができる庭園「ハヌル庭園」や韓国の伝統的家屋である韓屋を再現した「サランバン」も設置されています。

この韓国文化院を訪ねるだけで、韓国の文化にどっぷりと浸ることができます。
そして、喉が乾いたら・・・センター内に設置されている韓国ドリンクの自動販売機で珍しい飲み物を買い、一息つくのもいいかもしれません。

Korea_Center_03

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

韓国 慶尚北道・青松/慶州現地視察レポート その⑩


視察最終日、最後に訪ねたのは2010年にユネスコの世界文化遺産に登録された『良洞村(ヤンドンマウル)』です。

Yangdong_02

この村は、李朝時代の伝統や家並みが現代までそっくりそのまま残されており、500年前の様子そのものとも言える村です。

Yangdong_01

村内には伝統的な両班の家屋や藁ぶき屋根の家160戸が点在しており、中には築200年以上が経過した古井家屋も54戸あります。現在でも人々が暮らしながら保存さえており、日本で言えば白川郷のような感じでしょうか。

最後の昼食には、ビビンバをいただきました。
ビビンバと言えば、全羅北道の全州が有名ですが、このビビンバは全州のものとは異なる食材や味噌を使っており、全く違った味わいを醸し出しています。

Bibimpap_01

特徴的なのは、コチュジャンは使わず、味噌を使用していること。
そのため、辛みはほとんどなく優しい味わいのビビンバを楽しむことができます。

Bibimpap_02

残念ながら、慶州には名物料理というものが未だにありません。このビビンバを「慶州ビビンバ」として名物料理に定着させたいと意気込んでいました。名物にするには相応しい、おいしいビビンバでした。

2泊3日の青松/慶州現地視察。
あわただしいながらも、盛りだくさんな視察となりました。
帰路の釜山~成田間のフライトは、偏西風の関係もあって、往路よりもさらに短いフライトです。牛肉メインの機内食を堪能している間に、成田はどんどん近づいてきます。

KE_Inflight_meal

さぁ、もうすぐ帰国です。

View_from_plane

(おわり)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ