八幡製鉄所や軍艦島(正式名称:端島)をはじめとした全23資産の『明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域』の世界遺産登録で沸いた第39回世界遺産委員会が、6月28日~7月8日の日程でドイツのボンで開催されています。

現在も審議が続いており、今年も数多くの新世界遺産が登録される見込みですが、今回の世界遺産委員会で密かに注目を集めているのが、世界遺産条約批准国でありながらこれまで世界遺産を保有していなかったシンガポールとジャマイカが新たに世界遺産保有国となったこと。
本日は、今年新たに登録されたシンガポールとジャマイカの世界遺産をご紹介したいと思います。

■大都会のど真ん中に鎮座する シンガポール植物園(ボタニック・ガーデン)

Singapore_Botanic_Gardens_01

シンガポール中心部にあるこの植物園は、大英帝国の植民地における熱帯植物園の優れた例証であるとともに、東南アジアにおける熱帯植物の調査・研究に果たしてきた役割の大きさも評価され、ICOMOS(国際記念物遺跡会議)からは「登録」を勧告され、今委員会で正式に登録となりました。

63.7ヘクタール(東京ドーム約13個分に相当)もの広大な敷地をもつこの植物園は、3つのエリアに分かれており、1周するには3時間以上かかる、と言われています。
朝5時~夜中の12時まで開園しており、年中無休。国立ラン園以外は入場も無料なので、観光客のみならず、地元の人々の憩いの場となっています。この植物園で結婚の記念写真を撮影するカップルも多いのだとか。

Singapore_Botanic_Gardens_02

■ブルーマウンテン・コーヒーの故郷 ブルー・アンド・ジョン・クロウ・マウンテンズ(ジャマイカ)

コーヒーの銘柄ブルーマウンテンで知られるブルーマウンテン山脈とジョン・クロウ山脈などを含む保護区で、第35回世界遺産委員会の審議では登録が見送られましたが、今回は文化・自然の両面で「登録」が勧告されましたた。文化的には奴隷解放の歴史と密接に結びついていることが評価され、自然的には生物多様性の点で評価された「複合遺産」としての登録となりました。

Blue_Mountains

その他の新しい世界遺産についても、随時ご紹介していければと思います。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ